リンパ腫になったら・・

犬のリンパ腫・癌

大事な家族・ワンコが病気とわかったら、

さらにそれが「リンパ腫」であったら。

すごく驚いて、不安になって焦ります。

『え。そんな。。どうしよう・・」


そうなると、頭真っ白になって、思考停止して、

プロであるお医者さんに「お願いします!!」と命を託してしまいます。

私も最初はそうでした。

目の前のナンシーは、とても元気。

だからこそ「まだ若いうちに、体力のあるうちに手術をした方が良いのかな・・仕方ないか・・」と思ってしまいました。


さらに、
「リンパ腫をそのまま放置すると、2〜3週間で死ぬ」

「化学治療すれば1年、長くて2〜3年生きることもある」というようなことを告げらるので、

怖くて、
「早く治療しないと!!」となってしまいます。



獣医には獣医の「正義」がありますから、
100%化学療法を勧めます。


「犬の場合は抗癌剤はよく効きますよ」

「犬は人間のように副作用で苦しむことはありませんよ」

誰もが聞くと思います。



抗癌剤が効くことは知っています。

癌細胞がゼロになるかもしれません。

でも、健康な正常細胞も相当なダメージを負います。

免疫力は格段に落ちて、再発すると抗癌剤は2度と効かなくなります。
(2度と抗癌剤は効かなくなるというのは動物病院からの説明です。
再発の可能性は高いそうです。)


確実に死んでしまいます。

免疫力が落ちれば、他の病気にかかりやすくなります。


ものすごくリスクが高い。


抗癌剤が効くのはわかった。

「それで、治るんですか?」

「前のように元気に戻るんですか?」

と聞いて、

YESと確信を持って答えられる獣医はまずいないと思います。


切ってみないと癌かどうかわからない。

抗癌剤、放射線治療は、高い確率で再発する。そうしたら終わり。


そんな賭けに、大事なナンシーの命を差し出すことは、

とてもできません。


それに「人間と比べて副作用が少ない」というのも本当でしょうか。

犬は非常に忍耐強い動物だということ。

苦しくても、飼い主に心配をかけないように我慢をしているかもしれません。


大事な家族が病気になったら、怖くて、不安で、ショックで、悲しくて、

頭が真っ白になってしまいます。

でもそこで、一旦心を落ち着かせて、

調べてみる。勉強してみる。周りに聞いてみる。

Google、Youtube、闘病記のブログ、本・・

海外のサイト(Google翻訳を使えば日本語で読めます)

周りのワンコと暮らしている人に聞いてみる。


方法はたくさんあります。

2〜3日集中して調べれば、色々なことがわかります。


ワンコは自分で調べることができないから、

人間がしっかりして、徹底的に調べる。

それでも化学療法が良いと思えばそれで良いし、

自然療法でも良いのだと思います。

あとで後悔しないために。。



最初の動物病院で、腫瘍の疑いと言われてから、
もう3週間が経ちますが、

ナンシーは今日もお散歩に1時間出かけ、

大好きなご飯を山ほど食べました。


今日もナンシーは元気です。



※私が調べたサイト、動画、本など、
これから紹介できればと思います。